鼻ニキビ できもの 薬 おすすめ

鼻ニキビ・できものにおすすめの薬は?

鼻ニキビ・できものの薬

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

鼻のニキビ・できものの薬のおすすめを紹介します。

 

鼻ニキビは炎症を引き起こし赤ニキビだったりと痛みを伴う事が多いです。

 

鼻ニキビにおすすめ薬

 

 

 

 

鼻ニキビの原因と薬

鼻ニキビができる原因は、他の体の場所と比べて皮脂の量が多いので非常にニキビができやすい箇所です。

 

鼻のニキビの薬は鼻にできるニキビの原因に合う薬を使わないといけません。

 

他の原因として毛穴の数も多い場所なので、皮脂が溜まりやすくストレス等も重なるとニキビやできものができてしまいます。

 

10代の思春期には顔の皮脂が気になる年頃だと思います。気が付くと鼻に大きな赤ニキビができていたりします。

 

鼻は赤ニキビができやすい場所なので、ニキビケアを行った方がいいです。

 

鼻のニキビに効く薬

 

鼻ニキビの種類と薬

鼻ニキビの種類によって使う薬も選んだ方がいいです。

 

鼻ニキビに多い種類は、白ニキビ赤ニキビなので、

 

効果がある薬を選んだ方がいいです。

 

鼻の白ニキビと薬

 

鼻の白ニキビはポツポツと出て、皮脂詰まりから毛穴を塞ぐことが原因で出現します。

 

白ニキビは野菜不足等からできやすいと言われているので、お肉を食べすぎている人はちゃんと野菜も食事やサプリメントから補いましょう。

鼻の赤ニキビと薬

鼻の赤ニキビの原因は、白ニキビが炎症を起こして悪化したため赤ニキビができます。

 

白ニキビが気持ち悪いので、触ったり早く出そうと搾りだしたためできたりします。

 

鼻のニキビに手で触りすぎると菌が余計に繁殖し、ニキビの原因と言われるアクネ菌が増え、赤ニキビが出来てしまいます。

 

赤ニキビは顔を洗顔する時、洗顔フォームの洗い流しが原因でできる場合もあります。

 

鼻の黒ニキビ

鼻の黒ニキビは白ニキビ→赤ニキビになり、さらに放置し悪化すると黒ニキビに進化します。

 

黒ニキビになると中々治らず、どんどん増えていきます。

 

黒ニキビは赤ニキビがさらに炎症を発症し、酸化したニキビ状態で黒いニキビとなります。

 

 

鼻の毛穴は深いので、毛根の奥深くに浸透して角栓を搾りだそうとしても完全に出せず、

 

ニキビ跡が残ってしまいます。黒ニキビを搾りだすのは危険です。

 

鼻の黒ニキビの薬

 

鼻ニキビの治し方と薬

鼻ニキビの治し方は難しいので、ちゃんと薬を選ばないといけません。

 

思春期の10代の悩みとして、顔が脂っぽい皮膚になりやすい事があります。

 

ですが、無理やり顔の脂を脂取り紙等で取るのも逆効果の場合があります。

 

鼻のニキビの治し方で大事なのは、洗顔保湿生活習慣の改善です。

 

鼻ニキビの洗顔

鼻ニキビの洗顔は1日2回、朝晩にちゃんと洗うのがおすすめです。

 

あまり強く洗いすぎるのも返って鼻ニキビを悪化させてしまうので、優しく洗うのがおすすめです。

 

鼻ニキビの洗顔方法

鼻ニキビの洗顔方法ですが、他のニキビの原因も洗顔方法に原因がある場合が多いです。

 

沢山の人が、洗剤の洗い残しが原因でニキビができてしまう事が多いです。

 

 

石鹸や洗顔フォームの種類、洗顔方法を適切に選ぶ方が良いです。

 

石鹸・洗顔フォームは自分の皮膚に合ったものを使う事が大切です。

 

肌に合わないと場合は使用を控えましょう。

 

自分の肌に合うか合わないか分からない人は、

 

  • 顔を洗った後
  • 顔を洗っている最中

 

に、顔がヒリヒリする・洗顔後肌がパサパサする感覚がある場合肌に合っていない場合があります。

 

合わない石鹸を使って肌が炎症を起こし、鼻にニキビができる原因になるので使用を止める方がいいです。

 

 

皮膚が弱い人やアレルギー持ちの人はなるべくナチュラルオーガニックの自然のものがおすすめです。

 

全成分を確認して自然の成分が使われているか確認してみましょう。

 

洗顔方法は、お顔をなるべくゴシゴシ擦らないで洗います。

 

お化粧を落とされる場合は、クレンジングオイルで最初にお化粧を落とした後に、洗顔しましょう。

 

鼻ニキビの保湿

鼻ニキビの保湿に関しては、自分の肌に合った保湿剤や化粧水を使用するのが良い方法です。

 

値段の高い化粧水やニキビ専用の薬を塗ったとしても自分のニキビの症状や肌に合った薬を使わないと効果があるとは限りません。

 

鼻ニキビの保湿ジェル

 

鼻ニキビの保湿方法

鼻ニキビの保湿方法は、ニキビの原因となる「乾燥」から肌を守るのに重要です。

 

洗顔を終えた後に、保湿をしないと肌の老化の原因にもなります。

 

若いうちは大丈夫かもしれませんが、保湿を日々心がけると年を重ねても綺麗な肌でいられます。

 

 

鼻ニキビの保湿方法は、洗顔後に清潔なタオルを軽くあて、水分をふき取りましょう。

 

その後に、保湿効果のある化粧水や保湿クリーム・保湿ジェルを塗ると乾燥を防げます。

 

肌質が乾燥肌という人は、化粧水等たくさん塗るよりも自分の肌に合った化粧品を使った方が良いです。

 

鼻ニキビと生活習慣

鼻ニキビは生活習慣の改善でも十分効果がありますし、ニキビケアの基本にもなってきます。

 

増え続けるニキビの根本から改善しないといけません。

 

食事はなるべく油っこい食べ物は控えた方がいいですが、油を摂らないのもいけないので、量を適量にしましょう。

 

睡眠・運動・水分の摂取も重要です。水分補給を豆にし、健康的な生活習慣を心がけてください。

 

鼻ニキビと日焼け止めの薬

鼻ニキビが日焼け止めの薬である日焼け止めクリームの原因でできる事もあります。

 

日焼けは太陽から降り注ぐ紫外線により、肌にダメージを与えますが、

 

紫外線は太陽が隠れている雨や雲の明るい時にも強い紫外線はでています。

 

なので曇りの日・雨の日でも紫外線対策は必要です。

 

 

ニキビ以外にも、紫外線は皮膚に悪影響を与え、シミ・そばかす・肌の老化・皮膚がんの原因にも紫外線を浴びる事により生まれます。

 

紫外線対策は必要なのですが、その日焼け止めクリームの成分で肌が炎症を起こしてしまう場合があります。

 

外出時は帽子・日傘等を差す事をおすすめしますが、もし日焼け止めを塗る場合オイリーで油分が沢山含まれる日焼け止めクリームは選ばないようにしましょう。
→鼻ニキビを治す薬

 

このエントリーをはてなブックマークに追加