ニキビ 薬 ランキング

ニキビ薬ランキング おすすめニキビケア化粧品!!

ニキビ薬ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ニキビ薬ランキング、ニキビケア化粧品をランキングで紹介します。

 

大人ニキビ・思春期ニキビを治したいけど、どのニキビ薬・薬用化粧品がおすすめかランキングしてみました。

 

ニキビ薬ランキングは、

 

  • 使用したニキビへの効果
  • 保湿力
  • 安全性
  • 使いやすさ
  • 値段・コスパ

 

等を考慮しからランキングを選んでみました。

 

 

1位

2位

3位

4位

5位

 

 

 

 

 

商品

ルナメアAC

リプロスキン

ビーグレン 

ジュエルレイン

パルクレールジェル

 

効果

ニキビ薬ランキング 花丸

ニキビ薬ランキング 花丸

ニキビ薬ランキング 花丸

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング ◎

 

保湿力

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング 〇

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング 花丸

ニキビ薬ランキング 花丸

 

安全性

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング 花丸

 

使いやすさ

ニキビ薬ランキング 〇

ニキビ薬ランキング ◎

ニキビ薬ランキング 〇

ニキビ薬ランキング 花丸

ニキビ薬ランキング 花丸

値段

1080円

4480円

1800円

5480円

4980円

公式サイト

富士フイルム

ピカイチ

ビーグレン

ピカイチ

PalClair

 

ニキビ薬ランキング 1位 ルナメアAC

ニキビ薬ランキング 1位 ルナメアAC



 

富士フィルムの独自ナノ技術『アクネシューター』が、

 

ニキビ有効成分・保湿成分を毛穴まで届けます。

 

大人ニキビの原因の、「乾燥」を対象に作られた薬用化粧品です。

 

 

お試しトライアルキットの値段が安い事と、

 

クレンジングオイル・洗顔料・化粧水・保湿ジェルクリームと、

 

ニキビケア化粧品がセットになって使いやすいです。

 

 

ニキビ薬ランキング 2位 リプロスキン

ニキビ薬ランキング 2位 リプロスキン

 

ニキビ薬用化粧品を販売してる『ピカイチ』の、大人気薬用化粧水リプロスキンは、

 

大人ニキビの乾燥により、厚くなった角質を柔らかくし浸透力高いので、毛穴の奥まで有効成分が届きます。

 

 

美容・美白成分を配合しており、ニキビ跡や導入用化粧水として人気があります。

 

 

ニキビ薬ランキング 3位 ビーグレン

ニキビ薬ランキング 3位 ビーグレン

 


 

 

米国発のコスメティック ビーグレンはスキンケア商品を販売してますが、

 

大人ニキビケアとニキビ跡ケアの2つのトライアルキットがあります。

 

独自の浸透テクノロジーで、ニキビ以外にも総合的なスキンケアができます。

 

 

洗顔料・化粧水・美容液・ゲル・クリーム等、肌トラブル別に化粧品が選べ、

 

美白・シミ・しわ・たるみと自分に合ったニキビケアができます。

 

 

ニキビ薬ランキング 4位 ジュエルレイン

ニキビ薬ランキング 4位 ジュエルレイン



 

 

ジュエルレインは、高い保湿効果とニキビ有効成分の浸透力を持つ、

 

 

薬用オールインワンクリームです。

 

 


 

大人ニキビの原因の乾燥によって厚くなった皮膚にも、

 

浸透できる薬用ニキビクリームなので、背中ニキビ等皮膚が厚い部分にも効果があります。

 

 

ニキビ薬ランキング 5位 パルクレールジェル

ニキビ薬ランキング 5位 パルクレールジェル



 

 

 

パルクレールジェルの成分は無添加に拘った

 

 

肌に優しい低刺激ニキビジェルです。

 

 

 


 

顔・体の広範囲に塗れるオールインワン化粧品で、背中ニキビ・おしりニキビの、

 

薬用クリームとして人気があります。

 

 

美白・シミ・そばかすに予防効果がある有効成分が配合されていて、

 

パルクレールジェル1つでニキビケアとスキンケアが出来るオールインワンジェルです。

 

 

ニキビ薬 おすすめのニキビケア

 

ニキビ薬以外にも、おすすめのニキビケアを紹介します。

 

大人ニキビ薬は、思春期のニキビケア化粧品と比較して,

 

10代から20代になるとニキビが治りにくく、ただやみくもに洗顔したり、

 

化粧品を塗る治し方では効果がでない場合があります。

 

 

ニキビ薬選びや、治し方を間違った場合皮膚を傷つけ,

 

大人ニキビがかえって悪化してしまう事もあります。

 

 

 

その結果、顎や顔にできるクレーターのようなニキビ跡やシミ・毛穴の広がり・・

 

 

大人ニキビはメイクやコンシーラー等の化粧品で隠しても、

 

加齢と共に取返しが付かないニキビ跡になってしまいます。

 

 

ニキビ薬と効果

 

ニキビ薬の効果は、大人ニキビのできる原因を改善できる薬を選ぶべきです。

 

大人ニキビができる原因は、皮膚の角質と皮膚から出る皮脂が毛穴につまりアクネ菌等が炎症を起こしニキビができます。

 

 

大人ニキビの改善・予防に効果がある薬は、皮膚の角質と皮脂詰まりを防ぐ事が大事なので、

 

 

大人のニキビケア化粧品を選ぶポイントになります。

 

ニキビ薬の有効成分

ニキビ薬と保湿成分

大人ニキビは、思春期ニキビのように乾燥させる治し方はあまりおすすめできません。

 

大人ニキビの治し方は、肌の油分を控えながらしっかりと保湿する薬の方が効きます。

 

乾燥肌から皮膚が硬くなってしまうと、毛穴が角質で塞がりできものができやすくなってしまいます。

 

肌に水分を保った状態で大人ニキ予防した方がおすすめです。

 

保湿成分に優れたものにセラミドが効果的です。

 

大人ニキビとビタミンC

大人ニキビにビタミンCは「できものの炎症を抑える効果」と「皮脂詰まりを抑える効果」があります。

 

ビタミンCはニキビ対策に不可欠で、全成分を見てビタミンCが配合されているか確認しましょう。

 

大人ニキビに特に効果があるのは「ビタミンC誘導体」という表記で配合されている薬です。

 

大人ニキビとピーリング成分

大人ニキビに効くピーリング成分が入っている薬がおすすめです。

 

ピーリング成分は、古くなった角質を剥がし、毛穴を詰まりにくくニキビ予防にもターンオーバーにも効果があります。ピーリング成分には、

 

「サチリル酸」「AHA」等の成分があり、ピーリング剤が混ざってる薬が大人ニキビに効きます。

 

ニキビの対策と薬

ニキビの対策と薬のポイントは、

 

大人ニキビと思春期ニキビの違いがある
市販のニキビ薬では悪化する危険性がある
大人ニキビの薬は体の場所によって違う

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違いを一覧にしました。

 

大人ニキビ

思春期ニキビ

できやすい場所

Uゾーン(顎ニキビ Tゾーン(額・鼻ニキビ

原因

生活習慣の乱れ→肌のターンオーバーの乱れ
乾燥肌 →角質肥大

2次成長期
ホルモンバランスの乱れ →皮脂過剰分泌

対策

保湿
角質対策

洗顔で清潔に皮脂と潤いのバランスを整える

 

ニキビと市販薬の副作用

大人ニキビの市販約には、副作用がある場合があります。

 

薬局やドラッグストアで販売している薬には、ビフナイト等は即効性があるのですが

 

イオウが配合しているニキビ化粧品は副作用として、肌を乾燥して治すので肌がガサガサに乾燥してしまう場合があります。

 

イオウには、脱脂作用の他に角質の柔軟作用・殺菌作用がありますが、

 

思春期の10代なら皮脂が多いのでまだしも大人ニキビには逆効果に薬の作用が働きます。

 

ニキビ市販薬の副作用一覧

市販薬の副作用の一覧には、

 

  • 乾燥
  • 刺激感
  • 皮膚の乾燥
  • かゆみ
  • 赤身・発疹
  • つっぱり感

 

等、乾燥を利用しているために起こる副作用が多いです。

 

大人ニキビ対策は保湿がメインですが、乾燥させてしまっては逆効果で一時的な治療になってしまいます。

 

ニキビ薬には即効性がない

ニキビ薬には即効性がないのは、
毎日の基礎化粧品によるスキンケアや生活習慣から見直さないといけないからです。

 

普通のニキビ対策の化粧品では、肌が乾燥し悪化してしまう場合が多いので、

 

大人ニキビ専用」等パッケージに表記してある保湿性の高い化粧品を選ぶべきです。

 

 

大人ニキビの薬と思春期ニキビの薬・即効性・効果が大きく違いがあるのです。

 

若い子供の頃では、多少荒い治し方としてニキビを乾燥させる治し方も選択肢にはなりますが、大人ニキビの治し方には即効性がなく、保湿に重点を置き長期的なニキビケアが必要です。

 

毎日の基礎化粧品でのスキンケアが肌のターンオーバーを促進し、ニキビができにくい肌になります。

 

ニキビ薬とピーリング剤

ニキビにピーリング剤は効果的なのですが、ピーリング剤は酸性の強い薬剤なので過度に薬剤を塗ってしまうと逆効果です。ピーリング剤の選び方もちゃんと選ばないと危険です。

 

ピーリング剤は海外製のものも多く、日本人の肌に合わせて作られてない商品もあるのです。
ピーリング化粧品には、

 

  • 洗い流しタイプ
  • 拭き取りタイプ

 

がありますが、大人ニキビにおすすめなピーリング剤は、洗い流しタイプの、
ジェルタイプミルクタイプのもをを選びましょう。

 

ピーリング剤の効果には過剰に出た余分な角質を剥がせる効果があるので、毛穴詰まり対策として有効な薬です。

 

保湿・ニキビ予防・睡眠どれも一度にできてしまうので、生理前にピーリング剤を使う手もあります。

 

ニキビ薬と洗顔

大人ニキビは洗顔を見直す事でニキビを抑制する事ができます。

 

大人ニキビの大敵は乾燥ですが、乾燥の原因が洗顔にあります。

 

皮脂の過剰分泌がニキビの原因だと思い洗顔料でゴシゴシ皮脂や脂汚れを毎朝毎晩落としていると、

 

適度な皮脂がバランスを崩すので正しい洗顔法ではありません。

 

 

皮脂は皮膚の表面を保護し、肌から水分を蒸発・乾燥から守る大事な要素です。

 

洗顔フォームに含まれている「界面活性剤」は皮脂を落とす効果が強力なので、

 

必要な皮脂まで洗い流し、肌のバリアー機能が弱くなってしまい乾燥肌になります。

 

インナードライ

肌が乾燥すると、皮脂を過剰分泌して油分を回復させようとし脂っぽいけど乾燥した肌になります。

 

これをインナードライと言い、ニキビを悪化させる原因になります。

 

大人ニキビの正しい洗顔方法

大人ニキビの正しい洗顔方法は、

 

洗顔は朝晩に1回・合計2回づつ
強く擦らない
洗顔の後は、タオルで強く吹かない

 

脂取り紙等も、あまり使いすぎると肌の油を取りすぎてしまうので使い過ぎに注意しましょう。

 

大人ニキビにサプリメントは効く

大人ニキビにサプリメントが効くのでおすすめです。

 

サプリメントの栄養素は体の体内から肌質・健康を改善できるのでおすすめです。

 

おすすめの大人ニキビに効くサプリメントは、

 

  • ビタミンB
  • 食物繊維

 

等がおすすめです。

 

ニキビの薬 乾燥予防と油分調整が大事

ニキビの薬には、乾燥の予防油分調節が大事という事がまとめです。

 

ニキビの原因は、アクネ菌というニキビの最近の繁殖です。

 

 

アクネ菌は皮脂の油分を栄養分として繁殖するので、皮脂の油分を抑える事が大人ニキビでは大事です。

 

大人ニキビがでる人は、油分の多いオイルクリームを少なくするのは効果があります。

 

しかし、その結果乾燥肌になると大人ニキビができてしまうので、適度な油分調整・適度な保湿対策が角質層を清潔に保つには必要です。

 

余分な皮脂をしっかりと洗顔で除き、脂分の少なめの保湿成分のある化粧水・美容液を塗り、

 

皮膚のスキンケアのバランスを整える事が大事です。

 

 

クリーム状のファンデーションだと、油分が多く配合されているのでニキビがひどくなる原因になります。

 

ニキビを再発してしまうオイリーな皮膚の女性・男性には、パウダー状のファンデーションや薬に切り替えると効果的です。

 

ニキビ隠しには箇所に応じてコンシーラーを使うのもありです。

 

化粧下地にも油分は大敵で大人ニキビを悪化させるので、保湿液を塗った後、パウダーを重ね塗りするのがおすすめです。

 

パウダーのみだと定着感に違和感を感じるときは保湿成分が混ざったしっとり系のファンデーションを使用するといいです。

 

ニキビと生活習慣改善という薬

ニキビに最高の薬は、生活習慣の改善です。

 

ニキビ専用の薬を塗るより生活習慣や食生活の改善と普段使いの基礎化粧品によるスキンケアが大人ニキビの根本的な治療に大事です。

 

ニキビ薬で治したとしても、一時的に治りますが、根本的に治す方法にはなりません。

 

 

大人ニキビの薬は、薬局やドラッグストアで市販薬が販売されてますが、副作用が出て悪化したり、

 

使い続けると皮膚が慣れて効果が薄まっていく薬もあります。

 

肌環境そのものを治さないと大人にきびの再発に繋がります。

 

薬が効かないという訳ではないのですが、薬に頼り続けても本当に綺麗な肌にはなりにくいです。

 

より一層深いスキンケアにこだわると本当の意味で綺麗な肌を得る事ができます。

 

 

もし、すでに大人ニキビが酷い状態で治らないので困っている人は放っておくと、

 

ニキビ跡」が残るので、早い対策が必要です。

 

大人ニキビの原因は生活習慣

大人ニキビの原因は生活習慣の乱れからでるニキビです。

 

生活習慣が乱れると肌のターンオーバーも乱れ、角質が肥大することが原因です。

 

大人ニキビは皮膚のターンオーバーの乱れ

皮膚のターンオーバーが乱れる原因は、

 

  • 乾燥肌
  • 洗顔法の間違い
  • ストレス性のホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線
  • 喫煙による活性酸素
  • 寝不足
  • 夜更かし
  • 食生活の乱れ
  • 化粧品が肌に合わない
  • 冷え性
  • 便秘
  • ダイエットの影響
  • 生理前・生理中・生理後
  • 妊娠
  • 更年期

 

等様々原因があります。生活環境自体から見直さないといけないので大人ニキビは治りにくい、繰り返す原因となってしまいます。

 

この中でも、「乾燥肌」はできものができる大きな原因です。

 

 

皮膚が乾燥したり年齢と共に、皮膚の角質が厚くなり、硬い肌になります。

 

そして毛穴が詰まりが発生します。

 

さらに、肌がすると皮脂分泌が過剰になり、毛穴詰まりからニキビができます。

 

大人ニキビに睡眠は最高の薬

大人ニキビに睡眠は重要な薬です。

 

大人ニキビの原因は生活習慣そのものと言ってもいいです。

 

睡眠時間が確保できずに「睡眠不足」となると、

 

ホルモンバランスが崩れる
肌の再生サイクルが乱れる
皮膚の免疫力の低下

 

等大人ニキビができやすい肌環境を作ってしまいます。

 

 

ニキビ予防には、毎日しっかりと睡眠時間を確保する事が大事なのですが、

 

仕事疲れや多忙な生活だとなかなか難しい場合もあります。

 

 

結果的に夜更かし等で起こる睡眠不足によって健康な肌から遠ざかることになります。

 

ホルモンバランスも、成長ホルモンが出るのは午後10時から2時までがゴールデンタイムと言われているので規則正しい生活リズムを崩さない事が大事です。

 

ニキビに食生活の改善という薬

ニキビは食生活の乱れによって引き起こされるので、食生活の改善も大事な薬です。

 

大人ニキビに悪い食べ物 一覧

大人ニキビに悪い食べ物一覧は、

 

揚げ物

ポテトチップス・フライ・肉類

甘い食べ物

お菓子・和菓子・洋菓子

辛い食べ物

刺激物

アルコール

お酒・ビール・ワイン

 

等、油分を多く含む食べ物は大人ニキビに悪影響します。

 

 

アルコールが大人ニキビに悪影響なのは、アルコールの分解にビタミンBが使われるからです。

 

ビタミンBには、肌の新陳代謝を促したり過剰に分泌される皮脂を抑制する効果がある栄養ビタミンと言われています。

 

大人ニキビに良い食べ物 一覧

大人ニキビに良い食べ物一覧は、ニキビができる場所によっておすすめがあります。

 

顎ニキビ

トマト・玉ねぎ・シイタケ・大豆

額のニキビ

青魚・乳製品・カルシウムを豊富に含んだ食べ物

口周辺のニキビ

バナナ・リンゴ・蕎麦・緑黄色野菜

 

栄養・ビタミンは普段の食事で摂取するのが一番ですが、サプリメントもおすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加